動物看護師になるための勉強方法とは

動物看護士の資格と仕事 - 動物看護師になるための勉強方法とは

動物看護士の資格と仕事

動物看護士とは主に動物病院で働き獣医師の診察や治療のサポートを行う仕事です。
他にペットショップやグルーミングサロン、動物園、水族館などの就職先があります。
仕事の内容は病院の受付、カルテ整理、診察の補助、臨床検査、入院動物の看護、手術の補助、調剤、ホテルで預かっている動物のお世話、グルーミング、院内外の掃除など多岐に亘ります。
飼い主さんと獣医師のコミュニケーションのための重要な架け橋にもなっています。

現在、動物看護士になるための国家資格は存在せず学校で学び各民間の試験に合格することによって資格を取得する事が出来ます。
動物看護士になるための学校は全国にあり大学・短期大学・専門学校で学ぶ事が主流ですが、学校だけではなく通信教育で学ぶ事もできます。
各学校で学ぶカリキュラムや実習が異なってくるために学校を卒業する時には知識の差が出来てしまいます。
また動物看護士の資格を必ず持っていなくても動物病院で看護師として働ける事が現状です。
このため動物看護士は仕事量が多く長時間労働の割には給料や福利厚生などの待遇が手厚くありません。

ペットブームが広がる一方、犬や猫だけではなくエキゾチックアニマルや爬虫類などの珍しい動物を飼育する人が増えています。
動物病院で診察の補助などの重要な役割を担っている動物看護士の社会的地位を上げるためにもそれまで複数あった動物看護士の資格を統一して、将来的には国家資格にしようという目的で民間団体が協力をして2012年から「認定動物看護士」という資格が発足されました。
この資格を取得する事が出来れば動物看護士の資格が国家資格になった場合に移行しやすいというメリットがあります。

資格が必ずしも必要という訳ではありませんが求人を見る限りでは「動物関連の学校を卒業した者、卒業見込みの者。又は病院の勤務経験がある者」と記載されている事が多いです。
動物看護士のニーズが高まる中、プロフェッショナルな職種として認知されるようにみんなで頑張って行きましょう。

top