動物看護師になるための勉強方法とは

過去問から読取る資格試験の傾向 - 動物看護師になるための勉強方法とは

動物看護師になるための勉強方法とは > 過去問から読取る資格試験の傾向

過去問から読取る資格試験の傾向

ここでは動物看護士統一認定試験の問題について書いていきます。
試験についてですが、試験日や場所によってはマークシート式かCBT方式(コンピューターを使った試験)に分かれます。
どちらでも対応できるようにしましょう。

そして合格率ですが毎年違っていて高い時で85%を超えています。
これを見る限りでは決して難易度が高い試験では無さそうに感じます。
合格率が低い年がありますが、これは教科書が未整備な状態であり動物看護士としての職域を考えると必要かつ重要な問題を出題するという公表があります。
この感じでは合格率などを見ながら出題形式を模索していると捉えられますね。
ですから試験勉強では出題範囲に基づいた過去問を網羅した参考書や問題集を探してそれを参考に勉強するのが望ましいですね。

参考書や問題集は動物関係の出版社が勉強し易いように工夫して作ってくれています。
過去の試験で出題された問題を見て行くと同じような問題でもひっかけ問題として微妙に変えていたりしますので、言い回しが多少違っても答えられる知識が必要になってきます。
対策として問題集をひたすら解いてあらゆる問題を対処できるようにしておきましょう。
実地(写真)試験ですが動物の各器官の名前や体の働きの仕組みなども出題されますので細かい部分まで理解しておくと良いと思います。
これに関しては視覚素材も入っている問題集を選ぶ必要がありますので注意して買いましょう。

出題されている中では犬猫以外にも実験動物や家畜動物、エキゾチック動物等もありますので幅広く勉強する必要がありそうです。
一度問題集を一通り解いていき、苦手な分野を把握してバランス良く知識を取り入れて出題範囲をムラのないように解けるようにしましょう。

top