動物看護師になるための勉強方法とは

専門学校の良し悪し - 動物看護師になるための勉強方法とは

動物看護師になるための勉強方法とは > 専門学校の良し悪し

専門学校の良し悪し

動物看護士の資格を取るための学校は大学・短期大学・専門学校などがあります。
専門学校では動物看護士の他に動物トレーナー、ペットトリマー、ドッグトレーナー、ドルフィントレーナー、動物関連施設スタッフ、ブリーディング技能士、犬の理学療法士、ペット販売技能士、盲導犬訓練士、愛玩動物飼養管理士、家畜人工受精士などの勉強をして資格を取得する事が出来ます。

専門学校と言っても学校によって勉強期間や勉強内容が異なり、それぞれの学校で独自のカリキュラムや特別講師を取り入れる事によって特色を出しています。
メリットは実際に動物病院や動物関連のテーマパークの現場で実習を行う学校もあり即戦力を身につける事が出来ます。
一般の飼い主さんから犬や猫を募集してモデル犬、モデル猫として学校が責任を持って管理しながら看護やトリミング、しつけの実習に協力して貰う学校もあります。

またペット先進国である海外の動物病院や動物園・水族館などで研修を行う事でプロフェッショナルな仕事を肌で感じる事が出来るために、高い目標や向上心を持つ事が出来ます。
授業に関しても動物の法律や感染症、パソコン、ビジネスマナーなども学び、どこに就職しても困らないようになっています。
授業以外には文化祭がある学校もあり友達や先生としっかりと交流する事ができ充実した学校生活を送る事が出来ます。
就職の際にも面接の受け方などのフォローもしっかりと行ってくれます。

学費に関しては学科やカリキュラムによっても変わって来ますが初年度だけで130~160万円はかかります。
専門学校によっては実習道具を買ったり個人で海外研修に参加する事があり、この場合もっと費用は加算されて行きますので200万円近く掛かる事もあります。

デメリットは専門学校の数が多すぎて、入学してみないときちんとした学校かが分かりづらい事です。
学校の動物関連の専門学校は数え切れないほどあるので、学校の雰囲気を知るために体験入学に行き先輩の声を聞く事もお薦めです。
就職先に関しても学校によって得意な分野があるので、行きたい学校の特色や場所・費用などをしっかりとリサーチして自分に合った学校を見つけてみて下さい。

top