動物看護師になるための勉強方法とは

動物看護士を短大・大学で - 動物看護師になるための勉強方法とは

動物看護師になるための勉強方法とは > 動物看護士を短大・大学で

動物看護士を短大・大学で

動物看護士の資格をとるための学校は以前は専門学校や動物関連の養成所しかありませんでしたが、近年では動物看護学を教育する学科やコースを有する大学や短大も増えてきています。
大学、短大のメリットは一般教養と動物看護士について満遍なく学ぶため就職先も動物関連だけでは無く製薬会社や実験動物飼育管理、公務員、動物保険会社、テーマパーク、福祉施設、ペットフードメーカーなどの一般企業からも求人がくるので動物看護の分野に限らず就職先に幅広い選択肢を作る事が出来ます。

また最近では獣医大学の中に動物看護学科を設立している学校も多く、専門学校には無い研究分野や動物実験も学べるようになりました。
授業についても獣医大学ならではの特色を生かして高度な設備や最新の機器を使って勉強する事も可能です。
専門学校の様に一週間の授業内容が決められていない為、時間に余裕を持って学園生活を送れます。
もちろん専門学校と同じように認定動物看護士の資格を取得する為の授業もあるので専門的に学びたい人や、大学ならではの広いキャンパスでサークルにも参加して大学生活を送ってみたい人にとっても良い環境だと思います。

デメリットは専門学校とは違い、動物看護にあまり関わりの無い授業も受けなくてはならず認定動物看護士の勉強だけに時間を費やすことが困難になります。
学費については初年度で約200万円近く掛かり、大学で4年間学ぶとなると相当な金額になります。
さらに教科書代金や実習道具なども含まれると費用が上がって行きます。

獣医大学で動物看護を学べることは動物看護士以外にも選択の幅が広がり、自分に向いている職業を見つける良いチャンスだと思います。
資料を取り寄せたりオープンキャンパスに参加してみて自分はどういう風に学んで行きたいか学校の方針が自分に合っているかを感じ取って決める事をお薦めします。

top