動物看護師になるための勉強方法とは

進化していく動物看護士の資格 - 動物看護師になるための勉強方法とは

動物看護師になるための勉強方法とは > 進化していく動物看護士の資格

進化していく動物看護士の資格

現在動物看護士の資格は国家資格ではありません。
今までは民間団体がそれぞれで動物看護士の資格を作り活動してきました。
動物看護士の資格の種類は日本動物看護学会(動物看護士JSVN)、日本動物衛生看護師協会(動物衛生看護師 JAHTA)、日本動物病院福祉協会(旧JAHA認定動物看護士 VT)、日本小動物獣医師会(動物看護士 JSAVE)、全日本獣医師協同組合(動物看護士 ANT),日本動物看護職協会(JVNA)などがあります。
これは全て動物看護士の資格になります。
協会が定めるセミナーに参加し試験を受けて合格すれば取得する事が出来たり、専門学校で授業を受け試験に合格する事が出来れば取得可能など様々です。
この他に通信教育でも個々に動物看護士の資格を作って活動しています。

動物看護士は国家資格では無い為に個人の知識やレベルに差が生じていました。
このため動物病院でも格差が生まれ、動物を診る為にも重要な役割を持っている仕事の筈が待遇面や労働時間など軽視されやすい傾向がありました。
動物看護士の地位や社会的立ち位置を向上させようと今までバラバラだった民間団体が協力して動物看護士統一認定機構が発足され、認定動物看護士という新しい資格が作られました。
この資格はいずれ動物看護士を国家資格にするためのステップアップです。
今後は認定動物看護士の資格を持っているかで動物病院での評価も変わってくるかもしれません。

この他にも動物看護士として働くために取得していると便利な資格がいくつかあります。
例えばドッグセラピスト・トリマー・ドッグトレーナー・愛玩動物飼養管理士・ペット栄養管理士などです。
動物病院では看護の知識以外にも飼い主さんや獣医師から求められる物はたくさんあります。
動物のスペシャリストとして自分で得る事が出来る知識は可能な限り勉強して少しでも習得すれば仕事の幅も広がり、やりがいや向上心にも繋げる事が出来ると思います。

top